人をダメにするちょいブス【伝説のエロさ】画像入りのネタバレ!!

これまでに出会った30人くらいの男性の中で一番すごかったのは今の夫と結婚する少し前に知り合った男性で、同じ年30歳、今でも数ヵ月に一度は関係している人です。

 

 

それまでの私はホントに遊び人で、でも全く心を満たされずにいました。

 

夫に出会って付き合いはじめて、なんとなくその恋愛癖のようなものが収まった気がして安心していたのですが、彼と出会ってしまって一瞬で恋に落ちたんです。

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

 

が、経済力のない彼との結婚は考えられなかったので、夫を選びました、彼とは単なるセフレというものに成り下がった関係でしたが、それでもいいから一緒に過ごしたいと言ってくれて、私も彼の体を欲してしまったんです。

 

 

30人も男性と経験しておいていうのもなんですがそれまでの男性経験なんてほんとに吹き飛ぶくらいのテクニックをもった彼、彼にも彼女らしき人はいますが、その人には到底できそうもないような過激なことを私には平気でしてしまうんです。

 

 

 

お陰で私は夫には説明しようのないあざや生傷が耐えませんが、おっちょこちょいだということで今はごまかしています。

 

 

なにされてるかって?まぁ、語ると私の下半身がうずいて彼のことを呼んでしまうので…ご想像にお任せしますね。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

人をダメにするちょいブスの

「無料ネタバレ」

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画のネタバレとあらすじ

 

 

『飲み会は苦手』私はもともと周りに大勢の人がいるにぎやかなところは苦手で、できれば飲み会などには参加したくないのですが、まったく参加しないというわけにはいかなかったです。

たとえば大学のゼミの始めのころに行われるような、親ぼくを深めるという目的の飲み会はよほどの用事がなければ参加しないとは言いづらいです。

 

 

その後のゼミに参加しづらくなりそうですし・・。

 

 

私が入ったゼミは私と女子が二人だけという男子の人数が多いゼミだったので、もうひとりの女子もそういう集まりが苦手だったこともあり、彼女の隣りから離れないようにしながらどうにか時間を過ごしていました。

 

 

このような調子なので、ノリが悪いと思われていたと思います。当時を思い出すと申し訳ないような気持ちになりますが、男女の人数に偏りがありすぎるのもきついです。

 

 

同窓会での飲み会は、親ぼくを深めるという目的とは別である意味気楽なのですが、かつての同級生たちも大人になると立場がいろいろ変わってくるので、話が合う人達どうしで固まってしまいがちです。

 

その場にいない人のうわさ話で盛り上がってしまい、それがあまりよくない話だと後味が悪いです。飲み会が楽しかったという記憶があまりないことに気づきました。

 

お酒そのものが好きではないですし・・、そうでなければまた違うのかもしれませんが・・。

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓